礼金交渉がしやすい時期

私は賃貸の不動産会社に勤めています。お客さんからもよく質問されるのですが、礼金は昔からの慣習というだけで根拠のあるお金ではありません。昔は大家さんの立場が強かったようで「貸してやるんだからお礼をよこせ」的な意味合いのお金のようです。根拠のあるお金ではありませんが、新築・築浅であれば礼金があっても決めてくれるお客さんが居るので慣習に従って「あり」になっています。ですが実は、礼金は以前は新築から10年くらいは「あり」で募集でき、入居者も決まっていたのですが、私の勤めている地方であっても最近では早ければ4,5年で減額され始めるようになりました。何故かというと毎年毎年新築の物件は建てられるので地方であってもアパート・マンションは飽和状態になってきて競争が激しくなり、一旦退去があると空室期間が長くなる時期が早まったということです。

【高槻市】歯医者をお探しの方はこちらへ

シンクタンク 競馬 最新情報

戦国ixa 空き地 攻略